【中学部】
『先取り』中心の授業で、学校の授業が理解できるようになります。
内容が理解できていることで、学校の課題がこなせ、内申アップにつながります。
千葉県公立高校の入試においては、入試での得点はもちろん、内申点も非常に重要です。実際に中1から中3までの内申点の積み重ねで志望校は決定されます。だからこそ学伸では定期テスト対策に力を入れ、提出物管理まで行うことで、内申点の向上を最優先しています。また、入試直前までには、基礎力の定着だけでなく、それぞれの志望校に見合った応用力の発展までを図ります。
 
中1・中2
内申点に直結する各学校の定期テスト対策を中心に学習しながら、受験に対応できる基礎力を身につけます。
部活との両立を念頭に置いた、勉強時間の確保に重きを置きます。学校の進度に合わせた対策を行うことで、内申点の向上を最優先します。
 
中3
夏期までは定期テスト対策を中心に内申点を高め基礎力を養います。夏期講習以降は、並行して広範囲の実力を試される入試で高得点が取れる実践力をつけていきます。
得意、不得意に左右されない、科目別の勉強時間の確保を心がけます。生徒ごとに適切な目標校を設定することで、計画的に合格までの勉強プランを立てることができます。
 
定期テスト対策
テスト期間では、普段授業のない、土日祝日の時間帯を利用して、テスト対策を行います。
自習形式ではなく、授業併用形式で行いますので、より効果的に点数に結びつきます。