塾の特長
『集団』と『個別』の良さを兼ね備えた『学伸』
 
『集団』のメリット 『競争心』と『共闘心』をかきたてる
                みんなが頑張るから自分も頑張る
    +
『個別』のメリット つまづきの原因は『十人十色』
                それぞれに合わせた課題を提供
    =
『学伸』       『学ぶ』力を『伸ばす』塾
                分からせるのは塾、やるのは自分
 
     理解
    『わかる』
   ↙     
演習    →   実践
『やる』        『できる』
 
『わからない』から『できない』を『やる』から『できる』へ
実は『わからない』から『できない』のではなく
『わからない』から『やらない』ので『できない』のです。
『できない』と『わからない』ので、ますます『やらない』の悪循環に。
 
『学伸』では、まずは『集団』で簡単に『理解』させます。そして、即『演習』。さらに『個別』に課題を提供し『実践』させます。
『やる』から『できる』『できる』から『わかる』『わかる』から、ますます『やる』へ。
 
他塾にない強み
❶講師が塾長ひとり
→熟練の講師が全科目を観ます。科目による講師のレベル差がありません。
→全科目を面倒見るので、生徒ひとりひとりの得手不得手を把握しています。
❷授業は指名形式
→一方的な講義形式ではありません。当てられる緊張感の中で、集中力が持続し、理解と記憶が平行します。
→当てながら進めるので、生徒ごとの理解度が把握でき、さらに発問のレベルを調整できます。
❸カリキュラムは先取り
→『季節講習』をスタートとし、『通常授業』で繰り返します。学校での理解度を深め、発展につなげます。
→『まとめのテスト』を実施し、定期テストを意識した計画を早くから逆算します。
➍充実のテスト対策
→試験約3週間前からテスト対策を実施します。5科目×4日、さらに直前補習で抜け洩れを防ぎます。
→演習形式ではなく、講義形式です。試験範囲には完全対応、習志野市と船橋市の違いにも対応しています。
❺入試までの階段
→通常は業者による『塾内模試』、入試期には『会場模試』を実施し、経験と成長を促します。
→必要最低限の回数により、無駄なく客観的な状況把握ができます。
 
『プロ講師』がひとりで『集団授業』を『指名形式』で行い、充実の『テスト対策』を『無料』で実施し、入試まで計画的な『模試』による演習が組まれているのは、日本広しと言えど、『学伸奏の杜』だけと言っても過言ではないでしょう。